「天は赤い河のほとり」のあらすじや見どころを紹介(^^♪

大好きな篠原千絵先生の「天は赤い河のほとり」についての感想やお気に入りの場面などを書いていこうと思います(^^♪

「天は赤い河のほとり」 ドキドキのシーン満載!?&無料お試し読み

こんばんは~(^^)/

まんが大好き主婦のtossyです

 

このブログでは、篠原千恵先生の「天は赤い河のほとり」についていろいろ書いていきたいと思います

 

 

天は赤い河のほとり」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

天は赤い河のほとり無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「天は赤い河のほとり」で検索🎵 

 

 

この漫画全体を通して、ラブラブのドキドキシーンは、かなり色々なところにちりばめられています

 

とにかくカイルをはじめ、ユーリに想いを寄せている男性とユーリのからみが本当にドキドキさせられます。

 

篠原先生が描くからみのシーンって、本当に色気がたっぷりなんです

 

カイルとのからみなんて、キスから寸前まで何度かお目にかかっていますが、目が釘付けになっちゃうような場面がいくつもありました。

なかでも湯殿でのからみは、そのまま最後までいっちゃうんじゃないかと思ってしまうほど。

更に一線を越えるときの場面では、カイル手やユーリの表情で色々と想像してしまいました(すみません (;´・ω・) )む

とにかくカイルはお色気たっぷりで、その雰囲気だけで女性を落とせそうです(^^;)

 

そして他の男性に連れ去られることが多いユーリは、ラムセス、ザナンザ、黒太子に寸前までされてしまってます💦

 

当然ユーリはカイルのことが好きなので、嫌がる彼女を押さえつけて。。。とか、手を縛りつけたまま。。。という感じで、かなりきわどいです。

 

ザナンザ皇子の時なんて、胸元に沢山のキスマークをつけられちゃうし、ラムセスの時なんて、手を縛りつけられ剣で服を切られてしまうんですよ

こうやって書いてると、結構とんでもないわ。。。(-_-;)

 

キスをされたり、耳をなぶられたり、体を触られたり。。。

ユーリの魅力に引き寄せられちゃうんでしょうね(^^;)

本当にドキドキしますよ~ヾ(≧▽≦)ノ

 

皆さんも、ぜひ読んでみてくださ~い

 

天は赤い河のほとり」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

天は赤い河のほとり無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「天は赤い河のほとり」で検索🎵