読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「天は赤い河のほとり」のあらすじや見どころを紹介(^^♪

大好きな篠原千絵先生の「天は赤い河のほとり」についての感想やお気に入りの場面などを書いていこうと思います(^^♪

「天は赤い河のほとり」  簡単なあらすじ紹介&無料お試し読み

こんにちは~(^^)/

まんが大好き主婦のtossyです

 

このブログでは、篠原千恵先生の「天は赤い河のほとり」についていろいろ書いていきたいと思います

 

天は赤い河のほとり」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

天は赤い河のほとり無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「天は赤い河のほとり」で検索🎵 

 

 

ここでは、簡単なあらすじを書いていきますね~(^^)/

 

 

鈴木夕梨は、どこにでもいる普通の中学3年生。

 

高校受験も終わり、両想いになった氷室とファーストキスまでして、いいこと尽くしの毎日。

 

しかしある日を境に夕梨の周りで不審なことが起こり始め、氷室とのデートの最中、突然水たまりから現れた手によって中に引きずり込まれてしまったのです。

 

驚きその手を払いのけて出てみるとそこには、見たこともないような景色が広がっていて。。。

 

ユーリが連れて来られたのはなんと古代ヒッタト帝国

 

皇妃・ナキアによって生贄として連れて来られてしまったのです。

 

そして皇妃に命を狙われるユーリを救ってくれたのは、ヒッタイト帝国第3皇子・カイルでした。

 

ナキアは自分の息子・ジュダを帝位につけるため、ユーリを生贄にして他の皇子たちを殺そうとしていたのです。

 

カイルユーリを自分の宮に匿いながら、なんとか日本に還そうとしますが。。。

 

 来た時の服・7つの泉が満ちること・神官であるカイルの力、この3つの条件が揃わないと日本へ還れないユーリに何度かその機会が巡ってきますが、様々な邪魔が入りなかなか還ることができません。

 

カイル皇子と共にナキア皇妃と闘いながら、次第に2人は強く惹かれ合うようになり、更にユーリはこの時代の大きな流れにまきこまれていきます。

 

更に様々な戦いでヒッタイトを勝利に導いたことや、泉から現れたことから、ユーリは戦いの女神・イシュタルと呼ばれるようになり、民衆からも愛される存在となっていくのです。

 

そしてカイル皇子ユーリもまた、お互いになくてはならないほどの存在になっていきますが、いつかは離れ離れになってしまうという現実に、2人は想いを口にせず、一線を引いて接していくのです。

 

時代の流れは2人の運命をも飲み込み、大きく動いていきます。

 

日本へ還る道と、ヒッタイトでカイルと共に生きる道、ユーリが選ぶのは果たしてどちらなのか。。。

 

天は赤い河のほとり」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

天は赤い河のほとり無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「天は赤い河のほとり」で検索🎵 

 

 

紀元前という時代を背景に、甘く切なく苦しい思いを抱いた2人の、壮大なストーリーに心を奪われました。

 

史実に基づき展開されていくストーリーと、魅力的に描かれた登場人物たちの細やかな心の動きなど、全てに対し丁寧に描かれていて、最後まで全く飽きることなく、一気に

読み進めてしまいました。

 

主役の2人はもちろんのこと、悪役のナキア皇妃やウルヒがそこまでに至る背景もしっかりと描かれていました。

 

それに、あま~い2人のラブシーンもたっぷりあって、かなりドキドキ💛きゅんきゅんさせられました( *´艸`)

 

漫画自体はもう20年以上も前の作品なんですが、全く古さを感じさせません。

 

まさに名作です

 

この素晴らしいストーリーに、是非どっぷりとつかってみてください

 

 

天は赤い河のほとり」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

天は赤い河のほとり無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「天は赤い河のほとり」で検索🎵